サイトへ戻る

久しぶりのブログ

長い間ブログを更新していませんでした。

 

今日は久々に、家のガチョウの写真を載せてみました。

 

だいぶ昔、人々はガチョウやウサギを季節的に食する習慣から家で動物を飼っていました。

うちでも動物を飼っていたそうです。

だんだん飼っていると情がわき、食べなくなり、最後にガチョウが残りました。

 

一匹では可哀そうと、ヒナを買ってきて最高6匹くらいいた時期があるそうです。

 

ガチョウは30年くらいの寿命があるそうです。

 

しかし、野生の動物などの被害や、病気などで、年長のハリーが死んでしまった時は25年の生涯だったそうです。

 

そして現在2匹だったのが、最後1匹になってしまいました。

現在残っているボニーは、気性が荒く、つつかれたら怖い存在(ガチョウの威嚇はおそろしい、、、)でしたが、クライドが死んでしまって、一人寂しく過ごしています。

ちょっとかわいそうになるくらいです

 

家の近くにあるカフェでは、ガチョウやほかの鳥などを飼っている人がいるので、先日見てきました。この方と知り合いになり、ガチョウをもらってあげるよと言われていたからです。

うちでも、ボニー以外のガチョウをもう増やすことができず、1匹よりは仲間がいる方がいいのでは?と私たちも思うようになりました。

 

環境がよければ、もう一匹をプレゼントしてボニーの仲間と一緒に暮らしてもらう方がいいのか、現在考え中ではあります。

 

ボニーはまだ若いのでこれからも少し楽しい人生を送ってもらったらなと思っています。

防犯にもなり、大きい声で鳴いていたガチョウ達。

本当にさみしくなるのは、人間で。

世話が大変と困った時期もありましたが、本当にさみしく思います。

ガチョウに感謝。